【集運公司】

本課內容:單詞、課文。
課程講解:主要語法和句型。

【集運公司】

単語:

クモ(クモ)蜘蛛
糸(いと)絲、絲線、線
芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)芥川龍之介
蜘蛛の糸(くものいと)《蜘蛛絲》
罪人(ざいにん)罪人、罪犯、犯人
カンダタ(カンダタ)犍陀多
はるか(はるか)遙遠、久遠
極楽(ごくらく)極樂世界、天堂
欲(よく)貪慾、慾望、貪心
再び(ふたたび)再次、再
象徴(しょうちょう)象徵
支える(ささえる)撐起、支撐;支持
コガネグモ(コガネグモ)黃金蜘蛛
束ねる(たばねる)扎、束、捆;整頓
ロープ(ロープ)繩子、繩索、纜繩
直徑(ちょっけい)直徑
輪(わ)環、圓圈
ハンモック(ハンモック)吊牀
つり下げる(つりさげる)掛、吊、懸掛
自ら(みずから)親自;自己
ぶらんこ(ぶらんこ)鞦韆
揺らす(ゆらす)搖晃、晃動
ナイロン(ナイロン)尼龍、錦綸
伸縮(しんしゅく)伸縮
性質(せいしつ)品質、性質
試み(こころみ)嘗試、試驗
皆無(かいむ)全無、毫無、完全沒有
難しさ(むずかしさ)困難、難度
肉食(にくしょく)肉食;吃肉、食肉
えさ(えさ)餌料、餌食;誘餌
縄張り(なわばり)領地、地盤、勢力範圍
共食い(ともぐい)自相殘殺、同類相殘、互相殘食
構造(こうぞう)構造、結構
分解…(ぶんかいする)分解;拆分、分析
繊維(せんい)纖維
欲を出す(よくをだす)露出貪慾
手に入れる(てにいれる)獲得、拿到
…mm(…ミリ)…毫米
欲張り(よくばり)貪得無厭、貪心、貪慾、貪念
公眾(こうしゅう)公眾、公共、大家、普通人
面前(めんぜん)面前、眼前
老後(ろうご)老後、晚年
熱っぽい(ねつっぽい)發燒;熱情
だるい(だるい)乏力;倦懶
體温(たいおん)體温
交代…(こうたいする)換、更換、更替、換班、輪換
研究會(けんきゅうかい)研討會、研究會
有人宇宙飛行(ゆうじんうちゅうひこう)載人宇宙飛行
恐れ(おそれ)恐懼、害怕
伝染…(でんせんする)傳染
…用紙(コピーようし)複印紙
欲が深い(よくがふかい)慾壑難填、貪慾很重
進んで(すすんで)主動地、積極地、自願地
日數(にっすう)天數
現地(げんち)現場;當地
リーダー(リーダー)領導人、指揮者、指導者
SC商事(エスシーしょうじ)SC商業公司
フリーター(フリーター)自由職業者、無固定工作的人
納品…(のうひんする)交貨、繳納物品
後半(こうはん)後半、後半部分
運動能力(うんどうのうりょく)運動能力、體能
體力(たいりょく)體力
ノーマイカーデー(ノーマイカーデー)無車日
台數(だいすう)台數
そわそわ(そわそわ)慌張、心神不定、坐立不安
告白…(こくはくする)坦白、自白、告白
文句(もんく)意見、異議、牢騷;詞句、話語

課文:

クモの糸

芥川竜之介の『蜘蛛の糸』は、日本人ならたいていの人が知っている有名な小説だ。この小説の中で、 地獄で苦しむ罪人カンダタは、はるか高い極楽から下がってきた1本のクモの糸を上がっていくが、欲を出したために糸は切れてしまい、再び地獄に落ちてしまう。ここでクモの糸は、細く切れやすいものの象徴として使われている。

しかし、クモの糸というのは決して弱いものではない。弱いどころか、我々が普通思っているよりずっと丈夫なものである。もちろん、人間を支えるとなると1本の糸では無理だが、実際にクモの糸で人間の體を支えることに成功した例がある。ある研究者が、約19萬本のコガネグもの糸を束ねて、長さ約10cm、太さ2.6mmのロープを作り、それで直徑約8cmの輪を作った。そして、この輪で気にハンモックをつり下げ、自ら乗ってみた。すると、ハンモックは落ちることもなく、ぶらんこのように揺らしても、糸は少し伸びただけだったと言う。それもそのはず、実は、同じ太さで比べれば、クモの糸は鉄の數倍も強く、ナイロンと同程度、あるいはその以上の伸縮性を持っているのだ。

このようなクモの糸の優れた性質は昔からよく知られており、世界各地でクモの糸を利用するさまざまな試みがなされてきた。しかし、成功した例は皆無だ。その原因は、クモの糸を大量に生産することの難しさにある。肉食のクモのえさを確保するのは大変だし、縄張り意識の強いクモは、共食いすることもある。

クモを利用して大量に糸を生産するのが難しいなら、クモの糸と同じ構造を持つ糸を人工的に作ればいい。実際、世界各國の大學や企業が「クモの糸」を人工的に作る方法を研究している。もちろんこれも簡単ではないのだが、少しずつ実用化に近づきつつある。もしこのような研究が成功するとすれば、人類は、鉄よりも強く、しかもナイロンと違って分解されやすいので、環境への影響も少ない、夢のような繊維を手に入れることになる。

試試實力?來為本文部分提供翻譯稿吧!

更多課程內容等你學>>>