會話

七五

東京。佐藤家。ある9月の平日。光一が仕事から帰ってくると、一足先に仕事から戻っていた秀麗と、娘の望に出迎えられる。

光一:ただいま一。
望:お帰りなさい。     
秀麗:お帰りなさい。ご飯できてるけど…。
光一:おお、腹ぺこなんだ。食べよう。

(夕食の後、お茶を飲みながら)
光一:そうだ、実はさっき、おふくろから攜帯に電話がかかってきたんだ。
秀麗:へえ。お義母さん、何て?
光一:望の七五三、どうするのかって。
秀麗:七五三…?
光一:うん、七五三。望も3歳の時にやったでしょう。お宮參りに行って…。
秀麗:あっ、七五三ね。そう言えば、この間、白石さんとその話したんだった。やだ、わたしすっかり忘れてた。     
光一:前は着物着なかったけど、望も大きくなったし、今回は着物、どうかなあ。
秀麗:えっ、着物?買うの?
光一:いや、きっとレンタルがあると思うよ。ちょっと調べてみようか。
(インターネットで検索して)
光一:着物のレンタルと、着付けと寫真撮影がセットで、25,000円かあ。
秀麗:ちょっと高い気もするけど、いいかもしれないね。中國のお母さんにも送ったら喜んでもらえると思うし。
光一:うん、そうだね。…そうだ、秀麗も着物着たら?
秀麗:そうねえ。せっかくの機會だから、お義母さんからもらった着物を着ようかな。
        (望に話しかける)望、11月の七五三、着物着てお參りに行こうね。ママも着るから。
望:着物?ママも着るの?着る着る!

新出語彙1

いふく(衣服) [名] 衣服、服裝
しちごさん(七五三) [名] 七五三
ひとあし(一足) [名] 一步
のぞみ(望) [專] 望兒、小望
パパ [名] 爸爸
おふくろ [名] 母親、媽媽、娘
おかあさん(お義母さん) [名] 婆母、岳母:養母、繼母
おみやまいり(お宮參り)  [名] 參拜神社  
しらいし(白石) [專] 白石     
レンタル [名] 出租、租賃
けんさくする(検索~) [名·サ變他] 檢索
きつけ(着付け) [名] 給……穿上衣服

ぞうだ 對了;對呀、是的
やだ 哎呀、哎喲

下一頁:課文及單詞2