今はネットの時代、オンラインで迅速に情報収集するには効果的です。一方、書籍や出版物からの情報収集は、流行やトレンドを嗅ぎ分ける能力や有益な情報かどうかを取捨選択する能力が醸成できます。加えて、ビジネスパーソンに必要な試行錯誤する力を身に付けることができます。

現在是網絡時代,在網上能迅速收集信息。一方面,從書籍和出版物中收集信息,能促成追蹤流行趨勢的能力和判斷是否為有用信息的能力。再加上,對商業人士來説也能具備這種體驗錯誤的能力。

それらの力を身に付けるために、週1回程度、書店に行くのはいかがでしょう。出版物は毎週次から次へと新しい書籍が店頭に並びます。當然、売れそうなものを出版していくので時代が反映されています。その最たるものが月刊誌。ビジネスや関心の高いジャンルの最新情報に觸れることができます。流行りものやトレンドを摑むのに有効です。

為了具備這種能力,一週去一次書店怎麼樣?每週在書店都會有新的書籍更新。當然,出版容易銷售的是時代所需,其中最能反映的就是月刊了。通過月刊能接觸到商業信息和最關心的題材的信息。對把握流行趨勢也有效果。

ビジネスパーソンであれば、ビジネス系の書籍を読むものよいでしょう。ジャンル別に、リーダーシップ、マネジメント、時間術、プレゼンテーション技術など、興味関心があるジャンルの本を集中して読むことをオススメします。

商業人士的話,看商業相關的書籍比較好吧。推薦看那種集中了不同題材的書,例如有領導型的,經營管理型的,時間掌握技術型的,還有寫企劃案技術型的。

ガイドの私は毎年テーマを決め、集中して読書するという行動習慣を身につけています。同じジャンルの本を30冊程度読めば、大方同じようなことが書かれていることに気づき、その分野のエキスパートレベルとなることは可能でしょう。

作為領頭者的我,每年決定一個主題,然後集中起來看,養成了這樣的一種行動習慣。如果看同一題材的書30本左右的話,感覺就能大致寫出相同的東西了。甚至可以成為那一領域的專家了。

ランチの早食いは、できる人の見えにくい行動習慣。晝食時間は就業規則で1時間內などと定められておりますが、1時間きちんと取らなくてもいいのです。各自の判斷に委ねられているので、特に用がなければしっかり1時間もかける必要はありません。15~30分內で食事を済ませ、仕事に戻ればいいのです。

快點吃午飯,這是種很鮮見的行動習慣。雖然公司制度規定午飯時間是1小時,但是也不必花整整一小時。這要根據個人情況決定,如果沒有什麼特殊的事,那麼也沒有必要花一個小時嘛。在15~30分鐘內解決午飯,回去工作比較好。

お腹が空いておらず業務に集中していれば、食事をスキップすることもありです。これはできるビジネスパーソンの、共通する思考行動パターン。背景には、できるだけ殘業をしないということがあります。外資系では當然の習慣で、「殘業が美徳」ということはありません。これは、日本的な昭和的価値観の殘像といえ、量の時代の産物。今は質が問われる時代で、時間生産性の時代です。

在不感覺肚子餓,一心工作的時候,也可能不吃飯。這可是商業人士的共有的習慣模式。作為背景來説的話,是因為不想加班。在外資企業,不可能認為「加班是美德」。這可以説是日本昭和時代的殘留價值觀,是時代的產物。現在是質量時代,是時間生產時代。

特にこれから未來を創造する20代のビジネスパーソンは、業務のパフォーマンス以外でも社會的な面や文化的な面での価値がリーダーとして問われるでしょう。そのためには、やはり殘業を極力なくし、その分を仕事以外の時間に有効活用することが求められるのです。

特別是現在開始要策劃未來的20年代的商業人士,除了業務上的成績之外,也會因為有社會和文化方面的價值而被質問是否能作為領導者。因此,要盡力減少加班,將那段時間作為工作之外的時間而有效利用。

聲明:雙語文章中,中文翻譯僅代表譯者個人觀點,僅供參考。如有不妥之處,歡迎指正。

相關推薦:日企工作職業發展祕笈>>