翻譯為滬江日語原創,未經授權禁止轉載。

『ソロモンの偽証』は、宮部みゆきによる長編推理小説、またそれを原作とする映畫。

《所羅門的偽證》是宮部美雪所寫的長篇推理小説,同名電影根據本作改編而成。

『事件』『決意』『法廷』の三部構成で原稿用紙延べ4700枚。週刊文春ミステリーベスト10及びこのミステリーがすごい!で第2位にランクインした。

全書包括《事件》、《決心》、《法庭》三個部分,原稿共計4700張。在《週刊文春推理小説BEST10》以及《這部推理小説厲害!》排行榜中均位列第二。

學校內で発生した同級生の転落死の謎を、生徒のみによる校內裁判で追求しようとする中學生たちを描く。舞台となる中學校は東京都「城東區」(江東區がモデル)と設定されている。

作品講述的是中學生們通過組織校內法庭,追查同級同學在校內墜亡的真相的故事。發生案件的中學設定在東京都的“城東區”(原型是江東區)。

2015年3月7日公開の「前篇・事件」と4月11日公開の「後篇・裁判」の2部作で公開された。監督は成島出。

改編的同名電影分為《前篇·事件》和《後篇·審判》兩部,分別於2015年3月7日、4月11日上映。導演是成島出。

8節0元日語體驗課程全新上線,不要錯過!

日文書名:ソロモンの偽証(ソロモンのぎしょう)

中文書名:所羅門的偽證

作者:宮部美雪

類型:推理 懸疑

劇情簡介:

1人の男子生徒が學校の屋上から落ち、14歳という若さで亡くなった。

一名男同學從學校屋頂墜下身亡,去世時年僅14歲。

自殺として片づけられたものの、後に他殺だったという告発狀が屆く。自殺か、本當は他殺なのか。事件の全貌を解明するために、生徒たちによって學校內裁判がはじまる。

警方認定這是一起自殺案件,但緊接着,一封告發信出現在了大家眼前,信中指出男同學是被他人殺害。究竟是自殺還是他殺?為了弄清案件真相,學生們開始了校內審判。

推薦理由:

非現実的なシチュエーションの下、中學生たちの大人顔負けの姿に惹かれると言った感想も多く見られました。

很多讀者表示,在這個非現實情景中,中學生們展現出的不輸給大人的一面,讓人着迷。

なお、著者である宮部みゆきさんは元法律事務所勤務。本作の執筆にあたり、事件なのか過失なのか問われた実際の事件と、模擬の裁判が行われた學校があるということにインスピレーションを得たのだそうです。

另外,作者宮部美雪曾在法律事務所工作過。據説在執筆本作時,她是從被質疑過是故意殺人還是過失殺人的真實案件以及曾進行過模擬審判的學校中獲取的靈感。

作品では中學生を主體に描かれていますが、人間模様や現代社會への疑問に関しては、大人だからこそ読んでおきたいと感じさせる部分も多くあります。

雖然作品主要刻畫的是中學生,但關於對現代社會的質疑以及人性的大部分描寫,只有成年人才能讀懂。

考證?留學?找工作?想提升日語口語能力先找專業老師制定學習方案