俳優の水谷豊(68)が主演するテレビ朝日系ドラマの新シリーズ「相棒 season19 初回拡大スペシャル」(水曜・後9時)が14日に放送され、世帯平均視聴率が17・9%を記録したことが15日、分かった。個人視聴率は9・8%だった。

10月15日獲知,水谷豐(68歲)主演的朝日電視台連續劇新系列《相棒 19 初回擴大SP》(週三晚9點檔)在10月14日播出,世代平均收視率為17.9%,個人收視率9.8%。

水谷演じる杉下右京と反町隆史(46)演じる冠城亙のタッグで6年目となる「特命係」が、難事件を捜査する人気シリーズ。今年でドラマ誕生20週年を迎え、新作の初回では“仮想國家”を築き上げ、世界中の人々を意のままに操ろうとするIT長者・加西周明(石丸幹二)と対峙し、「相棒」史上初めて“VRの世界”を題材にしたストーリーが展開された。

水谷飾演的杉下右京和反町隆史(46歲)飾演的冠城亙搭檔第六年所屬的“特命科”,調查疑難案件的人氣系列日劇在今年迎來誕生20週年,新系列第一集中的兩人與想要建立“假想國家”,和任意操縱全世界人類的IT富豪加西周明(石丸幹二飾演)對峙,是《相棒》史上第一次以“VR世界”為題材展開的故事。

なお、番組の最後には9月14日に亡くなった女優・蘆名星さん(享年36)の出演シーンが流されるとともに、「相棒のレギュラーメンバーとして『週刊フォトス』記者・風間楓子を演じていただいた、蘆名星さんがお亡くなりになりました。蘆名さんにはseason15よりご出演いただき、その印象的な役柄で相棒の世界に多くの彩りを加えていただきました。キャストスタッフ一同、心よりご冥福をお祈り申し上げます」と追悼のテロップが表示された。

另外,第一集最後播出了9月14日去世的女演員蘆名星(年僅36歲)的出演戲份,並附上追悼字幕“作為相棒的常規成員,飾演《週刊photo》記者風間楓子的蘆名星逝世。蘆名從第15季開始參與演出,其個人留下深刻印象的角色為相棒的世界增光添彩。演職人員共同為其逝世表示哀悼。”


蘆名さんは17年の「season15」最終話で初登場。昨年の「season18」まで準レギュラーとして出演していた。(數字は関東地區、ビデオリサーチ調べ)

蘆名第一次登場相棒系列是在第15季的最後一集,截止去年的第18季為止一直作為準常規成員出演。(數據為關東地區,VideoResearch調查)

本翻譯為滬江日語原創,轉載請註明出處。

相關閲讀推薦:

2020年秋季日劇速報!哪幾部值得一追?
2020年秋季日劇專題>>
蘆名星被發現在家中死亡:疑似上吊自殺、沒有留下遺書