學完50音後,會發現一些日語外來語中出現了50音圖中沒有假名,比如フィ・ヴォ・ティ等。這些“規格外”的假名是怎麼來的?又該怎麼發音呢?一起來看看吧。

50音にないものとしては、ファ・フィ・フェ・フォ、ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ、ウィ・ウェ・ウォ、またツァ・ツィ・ツェ・ツォ、ティ、トゥ、ディ、ドゥなどが挙げられます。

50音裏沒有的發音可例舉如下:ファ・フィ・フェ・フォ、ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ、ウィ・ウェ・ウォ、またツァ・ツィ・ツェ・ツォ、ティ、トゥ、ディ、ドゥ等。

このうちツァ・ツィ・ツェ・ツォ以外は、かなりの程度定着しているように思います。「ウォルト・ディズニー」を「ウオルト・デズニー」のように表記、あるいは発音する人は、少なくとも身近には見受けられないように思います。ただし、古くから用いられている外來語、例えば「ロマンチック/ロマンティック」「バイオリン/ヴァイオリン」などは、両者が共存していると言えましょう。では、このような外來語の表記・発音が日本語にどのような影響を及ぼしているかというと、あまり大きな影響は見られないのではないでしょうか。「を」をウォと発音する人がありますが、これは方言で「を」をウォと発音するところがあるので、外來語の影響とは言い切れません。

在這裏面,除了ツァ・ツィ・ツェ・ツォ之外,其他都在相當程度上固定下來了。將“ウォルト・ディズニー(華特迪士尼)”寫成“ウオルト・デズニー”,或如此發音者,至少身邊是不怎麼能看到的。但是,像是很久之前就沿用下來的外來語如“羅曼蒂克(浪漫)”“小提琴”等,這些詞可以有兩種發音、寫法。那麼,要説這樣的外來語寫法、發音給日語帶來了什麼樣的影響?其實,影響也並沒有那麼大。雖然有把“を”發音成“ウォ”的人,那是因為受到方言的影響才把“を”發音成“ウォ”,並不能斷然下結論説是因為受到了外來語的影響

ウィ・ウェ・ウォ、ファ・フィ・フェ・フォ、ドゥ、ディに関しては、古くは日本語にも存在した音で、日本語になかった音が増えたと言ってよいかどうか、疑問が殘ります。

關於“ウィ・ウェ・ウォ、ファ・フィ・フェ・フォ、ドゥ、ディ”,這些是古時原本存在於日語中的發音,所以並不能一口咬定是外語導致日語發音增加。

また、上述したような50音にない表記・発音というものは、現段階ではあくまで外來語においてのみ観察されるものであり、それ以外には見られません。したがって、そのような表記・発音は一定の範囲(現段階では外來語)に限って観察・許容されるものであって、日本語全體に大きく影響するということは、しばらくの間はないと思われます。

另外,上文提到的在50音裏沒有的發音假名,現階段也只存在於外來語中,並沒有滲透到其它單詞裏。所以,這樣的寫法和發音僅存在於一定範圍中(現階段是外來語),並沒有對整個日語體系造成大的影響,相信在未來的一段時間裏也不會出現這樣的狀況。

聲明:本雙語文章的中文翻譯系滬江英語原創內容,轉載請註明出處。中文翻譯僅代表譯者個人觀點,僅供參考。如有不妥之處,歡迎指正。